PantoviscoさんInstagramより

 

 

すべての人に、自分にとっての「あたりまえ」や「普通〜〜」ということがある。

 

「あたりまえ」だから、大抵、意識していない。無意識でそれが正しいと信じている。

 

でも、それが他の皆にとっても同じように「あたりまえ」か???と言われればそうではない。

 

 

相手にとっては、「あたりまえ」どころか、青天の霹靂かもしれない。

 

逆に、相手にとっての「あたりまえ」や「普通」も自分にとってはびっくりだったり(笑)

 

 

人はとかく、1つの現象を勝手に自分なりの基準・物差し・解釈で捉える。

 

そこで、ひとつの「現実」が創り上げられる。

 

 

 

それがプラスの解釈なら、現実的なチャンスが広がる。

 

マイナスな解釈なら、折角のチャンスも失われていく。

 

 

大切なことは

 

「人それぞれ違う」という大前提を忘れないこと。

 

 

自分にとってのあたりまえがすべてじゃない。

 

自分の世界がすべてではない。

 

そのことを知っておくだけでいい。

 

 

 

「自分が見ている世界」と「それを創り出している根っこになるもの(自分の観念・価値観・基準・フィルター)」

 

「他の人が見ている世界」と「それを創り出している根っこになるもの(その人の観念・価値観・基準・フィルター)」

 

 

この違いに気付けると、他の人を理解し合うことに繋がる。

 

他の人を理解すればするほど、お互いに楽になるよね。

 

相手の目ん玉👀になって自分を見てみよう