(Beach Milk twitterより)

 

実験です!

3分で、現在のあなたの姿がわかります。

Goo〇leに3桁の数字を入れて
「〇〇〇 new cases」(感染者数)と検索!

何度か数字を変えて試してみましょう。

たとえば

555 new cases
789 new cases
123 new cases

とか

数字は何でもいいです。

あなたの誕生日でも、ラッキーナンバーでも、なんちゃらナンバーでも、なんだっていいんです。

ヒットした一覧は英語サイトですが、そのタイトルだけ見ればokです。

そして
数字を変えて再度検索してみましょう。

あ、終わったら帰ってきてくださいね♡笑

いかがでしたか?

※念のため確認ですが、数字は何でもいいんです。

いいですか
数字は何でもいいんです。

え??????

ん???????

数字は何でもいい???

数字は何でもいい・・・・

何でもいい・・・・

何か感じましたか?

何を感じましたか?

何かに気付きましたか???

はたまた
もしかすると何も感じませんか?

その反応も1つ
現在のあなた自身を知る術です。

これまで見て、聞いて、培ってきたもの。
これまでの生き方の「現時点での」ゴール。
ひとつの通過点、経由地です。

あなたは何を思いますか?

 

かまち

 

念のため、答え合わせしておくと

どんな数字でもそれが感染者として表示されるんですね。。

 

( ;∀;)

 

画像3

 

 

時代はある意味転換期
激動の時代を生きているいま

報道されるもの、与えられるもの
これまでの「あたりまえ」をまるごと信じない方がいい。

先日、ある新聞記者が「真実と事実は違う」と言っていた。

そして
誰かにとっての事実は、真実とは限らない。

多くの大人たちが
誰かにとっての事実を、そのまま受け入れる。
盲目になっている。

自分じゃない誰かが言っていることを全て鵜呑みにする。
既にあるものを一切疑わず、ただ繰り返す、ルーティンライフ。
外にある何かを、自ら確認することなく妄信する。

それはなぜか?
見ているのが社会的立場や、肩書や評判、噂など
外側にあるものだから。
着ぐるみだから。
表面上のパッケージだけを見て
中身や本質を見抜けていないから。

これまではよかったかもしれない。

しかし、
いま、目を醒まし、気付くときが来ている。

あなたが無意識に繰り返していること
思考パターン
認識パターン
受容パターン
行動パターン

思考の癖
思いの癖
感情の癖
受けとり方の癖
行動の癖

それでいい?
そのままでいい?

「皆が」言っている事。
「皆が」そうしている事。
「皆の」声、意見、考え。

本当に?

本当に「あなたは」そう思うの?

そう感じるの?

それでいいの?

規模に関わらず
日々のささいなことから
1つ1つ疑ってみよう。

自分自身に問うてみよう。

自分を見つめ
とことん向き合ってみよう。

 

画像3

 

結局は、自分。
最初から、最後まで自分。
発信源も自分であり、めぐりめぐって、それを受けとるのも自分だから。

その間の「めぐるスペース」が、この世界(外にある事象、物事、出来事、他者)

自分で選び、創った世界を生きる。
その「選ぶ」行為が、無意識レベル、受け身、思考停止、パターン化されていて、ただ無目的に繰り返されていることがヤヴァイのである。

無意識だから気が付かない。

しかし、確実に、本来持ち合わせている潜在的なチカラが封じられていく。

持ち合わせてきたチカラが失われていっている。

人間が本来持っているチカラは素晴らしいが、どんなに凄くても、使わなければ、衰退するのだ。

 

画像4

 

 

意図を持て。
意志を持て。

選択は自分次第。

とことん自由。

だが、そこに「意」がなければならないよ。

どんなに凄く見える人、えらく見える人でも、他人が賞賛していたとしても、決してそのまま受け取ることなかれ。

自分のフィルターを通し、自分自身で感じ、信じたものを取捨選択するんだ。
みずからで決めるんだ。

どんな情報も知識も
決して「鵜呑み」にはせず
自分の目で、感覚で、見極めよう。

この激動の年
これからの時代

何が大事なの?

それは「いかに自分を信じられるか?」だ。
自分を信じられる力こそ、生きる力に直結する。

これまではあり得なかったことが起きる
予想を超えた時代になる

この先
いつ何があっても
あなたは生きていけるだろうか?

自分自身への信頼
生きる力となる。

そのためには?

ただひたすら
自分を信じられる生き方をすること。
自分を信頼できる命の使い方を重ねることだ。

それが源となり
波紋となり波及し
めぐりめぐってまた還ってくる。

すべては
あなた自身にある。

あなたの中の

「核なる一点」にある。

 

かまち